バンコク 感想

バンコク 感想

バンコク概要

年間の平均気温は27度

季節により気候は雨季と乾季、暑季に別れています。
雨季 6~10月ごろ
乾季 11~2月ごろ
暑季 3~5月ごろ

僕は4月と9月と12月の3回訪れた経験があります。
今回はその3回目。

物価と経済発展

物価は日本の1/2~1/3 くらい。

経済発展が凄まじく、都心部では東京と変わらない。
歩いても歩いても大きなビルが続く感じ。
ちなみに駅一区画分の大きなショッピングモールもある。

セブンイレブンがいたるところにあり、すぐに見つけることができるのは便利。

インフラ

BTS:Bangkok Skytrain(モノレール)やバス、MRT:Mass Rapid Transit(地下鉄)など、インフラも整っている。

しかし、カオサンロードあたりは電車は通っていないので、バスかタクシーを利用する必要がある。格安バスも走っているが窓が開けっ放しで排気ガスがもろに入ってくるのでマスクすることをお勧めする。

カオサン近くのバス停から

47番赤バスで市内まで移動できる。

タクシーやトゥクトゥクは相手の言い値ではかなり高くなる。
なので値段交渉が必要になるが、潔く公共の交通機関を利用する方がストレスは無い。

BTSやMRTがあるとはいえやはり東京ほどではない。

屋台

屋台が至る所にあり、何かしら売っている。
チキン、弁当、フルーツ、ソーセージ、生ジュースなどいたるところで屋台がある。
しかも安い。衛生面はそこまで高くないので気になる人はフードコートの利用を薦める。
リアカーで歩いて売る人もいる。

最初は屋台の食べ物は最初は匂いが受け付けない人もいると思う。
とても食べる気になれない。その場合はセブンイレブンで買うかチェーン店を利用すれば問題なし。慣れればローカルフードも問題なく食べられるようになる。
特にパッタイ(日本の焼きそばのようなもの)などは誰でも受け入れられるだろう。

宿

宿はシングルルームで安宿なら350バーツからある。

快適なのは550バーツあたりから、なるべく観光地から離れている方がグレードが高い。

相部屋は1泊200バーツくらいで快適空間を満喫出来る。
ただし少々騒がしいこともある。

もちろんグレードは価格と比例するのでそれなりのホテルに宿泊すれば快適に滞在できる。

特に仕事用のテーブルが活用できるゲストハウス。

バンコクプロンポン駅から徒歩10分。

モンキーナップ

Booking.comで簡単に予約できます。
Booking.com

安いバンコクのコワーキングスペース

1年間の契約で1200バーツ(約4000円)

安すぎだろ!
絵描きさんやデザイナーさんも多く見かける。

紹介記事
http://i-love-illustration.com/coworking-space

バンコク日本人宿一覧

旅の初心者や英語が苦手、もしくは日本人と知り合いたいなら日本人宿がおすすめです。
僕もたまに行きます。

EZ STAY
言わずと知れた日本人宿

すいかハウス
オンヌット駅から近い日本人宿
リラックスできる広間が良さそう。
静かに過ごしたい方におすすめ

ロングラックゲストハウス
カオサンにある日本人宿、パーティーが楽しいのでお酒を飲んだり騒ぎたい方におすすめ。

NAT

カオサンにある日本人宿

安全性・治安

犬が多いので気をつける必要がある。
特に夜は要注意、かなり活発になっている。
僕は1年以上前に犬に襲われましたが幸い噛みつかれませんでした…念のため病院に行きました。

またボッタクリなどが多くあったり、路上で話しかけられ詐欺まがいなこともある。
基本的には話しかけてきた場合は断ることをお勧めする。

健康面

大きな病院はいくつかある。
また日本語対応もあるのでそこまで不満を感じることは少ないだろう。

サミティベート病院 一度行きましたが日本語対応でした。
またフリーWIFIもあります。

出来れば海外旅行保険に加入しておくことをお勧めする。

また予防接種を非常に安価で受けることができる。
バンコクにはタイ赤十字病院(スネークファームのところ)でかなり安く受けることが出来ます。

結構有名で日本人も数多く受けに来ています。
行くと日本人に会うかも。

現地人

人柄は女性の印象は良い。

大阪のおばちゃんのような印象で、道に迷ったら教えてくれたり面倒見が非常に良い、また働き者。

スムージー屋のお姉さん

それに対して男性は寝ていたり遊んでいたり…
トゥクトゥクやタクシーの運転手は男性だけどぼったくりするなどあまり良い印象はない。
※僕の感想なので必ずしもそうとは限りません。

この人はたぶん良い人だろう…

まとめ

12月に来た時の感想はやはり暖かいということ。

日本だと真冬の時期でコタツに籠っているような時期ですがこの時期にバンコクを訪れると半袖半ズボン、ビーサンで滞在することが出来ます。
つまり避寒地としても活用出来るのです。

このようなバンコクの印象だが長期旅行でも物は揃っているしコンビニはたくさんあるわで特に困ることはないだろう。

フリーランサーで短期で滞在するのにもあまり不便は感じない。

だがバンコクだけだと1ヶ月もいるのは流石に飽きると思う。僕は2週間で限界を迎えそうだ。
その場合は近場のパタヤなどのリゾートビーチに観光に行くのも手だ。
プーケットもおススメ。
日帰りで行くならアユタヤなどの世界遺産もある。

物価も安いので月5万円でも滞在できると思う。特に相部屋を使えば簡単に達成できるだろう。
また、日本人も多く住んでおりいたるところで日本人を見かける。

宿でも日本人と会うことが多く、また日本人宿も多くあるので特に寂しい思いをすることなく楽しく過ごすことが出来ると思われる。

以上、リポーターSHIMAでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする