Canon 6D Mark2について

イラストや漫画の資料集め&素材集めカメラ

今回は最近発売されたCanon 6D Mark2について

一眼レフデジタルカメラの中でも初心者や中級者はセンサーサイズがAPS-Cというセンサーサイズの一眼レフを使用している人が多いでしょう。
そして上級者やプロはフルサイズのセンサーサイズを搭載する一眼レフデジタルカメラを使用することが多いです。

センサーサイズはフルサイズの方が大きくAPS-Cサイズと比べて約2倍の大きさがあります。
センサーサイズが大きいほど光を受ける面が大きくなり暗いところで撮影しても有利になったり解像度もセンサー面が大きいため稼ぎやすくなります。

しかし、フルサイズの一眼レフはお値段高めです。

同じCanonのフルサイズ一眼レフ5D Mark4は32万円前後の価格になります。
ちなみにAPS-Cサイズのエントリー向けカメラは

EOS Kiss X9ボディが6万円代中盤となっています。

このようにフルサイズ一眼レフはとても高価です。
しかし、今回発売された6Dはそんなフルサイズ一眼レフをもっと安く、そして軽くというコンセプトで作られている6Dシリーズの最新機となります。

お値段はボディで22万円くらい。

5Dよりかなり安いですね。

それでは旧型とワンランク上のEOS 5D Mark 4とスペックを比べてみましょう。

比べて特徴的なのが解像度が旧型と比べてアップしていますね。
GPS機能はも搭載されており、イラストや漫画の背景資料を集めるのに向いています。

という6Dですが、イラストや漫画の資料集めや素材集めとしてはどうでしょうか。

イラストの資料集めや資料集めのための利点

高画質
フルサイズで高画質なので綺麗に撮影することが出来ます。
せっかく取材に行ったのに程画質だとちょっとがっかりかも知れません。
それに素材用に使うなら少しでも高画質に撮影した方が有利です。

高解像度
大抵の一眼レフよりは高解像度です。
高解像度であれば資料として集めた写真を拡大して見たり出来ます。
また素材用としても高解像度の方が助かるでしょう。

GPS
GPSが搭載されていればどこで撮影されたのかの位置情報を記録出来ます。
ですので後になって撮影した場所を忘れてしまぅても問題はないでしょう。
イラストの資料集めや資料集めのための欠点

大きく重い
フルサイズはセンサーサイズが大きくなるのでボディもAPS-Cサイズの一眼レフと比べて重く大きいのが特徴です。
しかし、6Dは比較的軽量なので少しはマシですが、フルサイズ用のレンズは変わりませんのでAPS-Cサイズの一眼レフに比べてやはり重くなります。

軽量を好むのであれば軽いミラーレス一眼を視野に入れましょう。
値段が高い
やはりお値段控えめの6DでもAPS-Cサイズの一眼レフと比べればやはり高価なのは間違いありません。
フルサイズ用のレンズもやはり高価になります。
まとめ
いかがでしたでしょうか。

Canon 6D Mark2はフルサイズ一眼レフとしては軽量で高画質で値段も安いしGPSもついています。

イラストの資料集めにはオススメのカメラと言えるでしょう。

ただ、フルサイズは大きく重いのが難点です。

そこを許容できるかですね。

しかし、モノとしては一級品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする