カラーモード その2

前回に引き続きカラーモードを解説していきます。

・RGBカラー

RGBではそれぞれ256段階の色で表現され、色数は16,777,216色になります。

RGBカラー

RGBカラー

・グレースケール

RGBなどのカラー情報を一切持たない画像形式です。
RGBではそれぞれ256段階の色で表現され、色数は16,777,216色になります。
ですが、グレースケールですと、白から黒までの明度を256段階256色で表現されるため画像が軽くなります。

グレースケール

グレースケール

イラストの線画作成やスキャナーで線画を取り込む際に多用します。

・インデックスカラー

色数を256色に限定したモード。
昔のゲームなどではフルカラーだとデータサイズが大きすぎたので減色して256色で
使われていた。
フルカラーが256色になるため、色の諧調(グラデーション)は著しく失われてしまうのであらかじめ256色以内で作成することをお勧めします。

インデックスカラー

インデックスカラー

その分データが軽くなるのでWEBなどのGIFに使えます。

・モノクロ2階調

画像を白と黒の2つの色に分けます。
完全に色黒になりますので、曲線部分はギザギザになりますので
印刷する場合は1200dpi以上あればきれいになります。

モノクロ2諧調

モノクロ2諧調

以上、カラーモードを説明しましたが、実際に使う際に参考にしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする