絵の資料の保存に最適、Googleフォトを使おう

絵の資料の保存に最適、Googleフォトを使おう

絵の資料ってみなさん撮影したらどうしていますか?
適当に撮っているとものすごい膨大な数になるし整理が大変です。
しかも保存場所も用意しなければならないしバックアップも取っておかなければなりません

僕はノマドクリエイター

Apple pencil

僕は普段はSurfacePro4で絵を描いたりしています。
もちろんiPad Pro10.5も使用しております。
場所は選ばす図書館、カフェ、マック、海外など色々なところで絵を描いています。
Apple pencil
いわゆるノマド絵描きです。

そんな時、ふと資料が必要になることってありますよね。
これが自宅ならなんら苦労せずにハードディスクから引っ張り出すことも可能ですが…
しかし外出していると、資料って必要な時に手元にない!
なんてことがほとんど、しかもSurfacePro4とかだとSSDなので容量が小さい。

そこで僕はポータブルハードディスクを2個持ち歩いています。

ポータブルHDD
ポータブルHDD
計4TBです。

しかもいちいち資料を見るためだけにポータブルハードディスクに繋ぐのも結構煩わしく感じることもしばしばです。
かといってオンラインストレージサービスを利用しようにもやはり容量が気になるところです。

これを使えば解決!

しかし、資料をある場所に預けていればいざ外出先でポータブルハードディスクなどが無くてもWIFI環境さえあればどこでも自分の資料を引っ張り出すことが出来ます。

これって結構便利です。しかも何枚上げても無料というサービス!

それがGoogleフォトです!
https://photos.google.com/

枚数は無制限、ただし圧縮される
規定サイズ(1600万画素)以内であれば容量無制限で写真をいくらでもアップできます。
ただし同じ画像サイズでも中身は圧縮されていますので要注意。
大事な写真のオリジナルはやはり自宅の外付けハードディスクに別途保存しておくのが良いと思います。

圧縮されるとは言っても拡大して等倍で見て分かるレベルなので資料を見る程度の用途次第では特に問題を感じることはないと思います。

僕も数千、いや数万枚の絵の資料用の写真を撮ってきました。
確かにUPするのは時間がかかるし大変ですが、いざ外出先でのことを考えるととりあえあず放り込んでおけば何とかなる!

という感じで放り込んでいます。
まあ、無料だし検索も出来るのでかなり良いと思います。

ドラッグ&ドロップで写真を放り込むと自動的に圧縮とアップロードが開始されます。

何も難しい作業は必要ありません。
(ただしWIFIスピードは必要)
ただそれだけでWIFI環境があればすぐに引き出すことが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
僕はこれのおかげでポータブルハードディスクの使用頻度がかなり下がりました。
とりあえず枚数無制限で無料なら大量に放り込んでおいても損はないと思います。

もちろん絵の資料用ではなく、個人的なアルバムにも活用できますよ。
ぜひ活用してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする