イラストデータの画像形式について

画像形式についてのお話

イラストの仕事では画像形式は特に気を付けたい部分です。

画像形式とはファイルの文末に.psd、.aiなどがついているものです。

例えば

・.psd Photoshopの画像形式

・.ai Illustratorの画像形式

・.clip Clip Studio Paintの画像形式

・.jpg JPGの圧縮形式

・.pdf PDFファイル形式

などがありますね。(もっとたくさんありますが)

まだ職場で顔を合わせて話せる場合であれば特に問題は起こりにくいですが

(たとえ起こってもすぐに解決できるため)

しかし、フリーランスのイラストレーターなどの自宅勤務の方は注意する必要があるでしょう。

例えば

Adobe Illustratorの場合、最新バージョン形式で保存したIllustratorデータの場合は、古いバージョンでデータの内容が損失する場合がありますし、相手が古いバージョンのIllustratorでは開けないこともあります。

最悪開けないことになればすぐに連絡を取る必要があり、仮に連絡がつかなければ大変なことになってしまいます。

特に締め切り間近であれば…

ああ、恐ろしいですね。

仕事でイラストを制作する際は、クライアント(顧客)から指定される形式で渡すのが一般的です。

psd形式(Photoshop)やai形式(Illustrator)なども指定されるはずです。
もし指定が曖昧な時には質問する必要があります。
特に使用しているソフトやバージョンは必ず確認しておきましょう。

そしてデータを渡す際は、全体が見やすいようにJPGを添えておいても良いと思います。

またよく分からない曖昧な場合にはPDFを使用するのも手ですね。

PDFは相手の環境に影響されずに閲覧することが可能です。

閲覧するにはAdobe Acrobat Readerをダウンロードすれば誰でも見ることが出来るようになります。(無料)

もちろんiPadやスマートフォンでも見ることが可能です。

特徴としてはレイアウトが崩れないため、意図したとおりに見せることが出来ること。

画像圧縮が利用できるのでファイルサイズを押さえることが出来ることがあげられます。

これは活用しない手はないですよね。

まとめ

・必ずクライアントに提出データ形式を確認する
・相手の情報が良く分からないときは、誰でも見ることが出来るPDFを使用する手もある。
・JPG形式を添えておくと見やすい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする