ノマド旅について語ります

ノマドの旅ってどんなんだろう?
普通に会社員やアルバイトで働いていると現実的ではないような働き方だと感じる方は多いと思います。

かつての私も会社員でしたのでその気持ちは良く分かります。
本当に存在するのか…

といった具合にです。
しかし、今は私はノマドとして海外旅行しながら生活しています。

今回はそんなノマド旅(主に海外)について書いていきたいと思います。

ノマド旅は楽しい

ノマドをしながらの旅はとても楽しいです。
特に町から町へ、国から国へ移動したりすると全然違う建物があったり観光地があったり違う人に出会ったりします。

地理的な驚きと人との出会いがあるわけですね。
これだけでもかなり刺激的な旅を送ることが出来ます。

ノマドは自由に働きたい場所を選ぶことが出来る

自由に働きたい場所を選べるのが最大の魅力でしょう。

例えば
ビーチリゾートの近くでパソコンを開いて作業したり、お気に入りのカフェで作業することも可能です。

また、都会に滞在したいなら都会で滞在できるし、リゾート地に滞在したいと思えばリゾート地に滞在することが出来ます。

滞在する場所を自由に選択できるのは魅力的ですね。

色々な人との出会いがある。

フリーランスで自宅で作業して生活しているとどうしても孤独になりがちです。
しかし、ノマドとして外に出る機会や宿に泊まったりするといろいろな出会いがあります。
中にはフリーランス同士で出会うこともあったり、日本人同士で出会うことも多いです。

このように色々な人との出会いがあり、一緒に食事に行ったり観光に行ったりすることが出来ます。

WiFiについて

で、ノマド旅で一番心配なのがWiFiの確保でしょう。

都市であればWiFiは充実しています。
ここはそんなに心配する必要はないでしょう。
このご時世WiFiがないということはよほどのことが無い限りありません。

例えばよほどのへき地に行くとかですね。
でもそんなことは基本無いですよね。
だったら過度に心配する必要はありません。

それに結構な田舎でもWiFiくらいはあります。
でも心配なら宿を探すサイトBooking.comでWiFiのレビューなどを見ておくのも一つの方法です。

【Booking.com】

東南アジアなら日本よりWiFはi快適

私はよく東南アジアに行くことが多いですが、むしろ日本より快適だと感じます。
宿やレストランには当たり前のようにフリーWiFiですし、宿にももちろんあります。
しかもわりと高速です。

それにSIMカードも格安です。
だいたい月に500円~1000円くらいの出費で済みます。

作業場所について

作業場所はカフェやコワーキングスペースなど自由に選ぶことが出来ます。
またホテルなどでの作業も当然可能です。
ここはそれほど心配は必要ないと思います。

ただ、遊ぶ場所が近いとその誘惑に負けてしまわないように注意する必要があります。

私が以前コワーキングスペースを使った記事はこちら
プロンポン駅近くのコワーキングスペース AIS DESIGN CENTER AIS D.Cを紹介

旅をするにはそれなりの貯金は必要だし用意しよう

旅先では何があるか分かりません。

不測の事態に対応できるように貯金を多めに用意しておくと安心です。
例えば旅先でパソコンが故障すると大変ですが、現地で購入するための資金が必要です。

また病気になると病院に行かなければなりません。
海外旅行保険がキャッシュレスなら大丈夫ですが、中にはキャッシュレス未対応のところもあります。

お金はどうやって持っていく?

海外の場合、現地通貨を手に入れる必要があります。
しかし、日本からあまり大金を持って行っても海外だと不安ですね。

その場合キャッシング機能付きのクレジットカードであれば海外のATMで海外キャッシングすることが出来ます。

また海外引き出し対応のキャッシュカードもあります。

海外旅行保険

クレジットカードの海外旅行保険も使うことが出来ます。
クレジットカードの海外旅行保険は無料でだいたい3か月くらいの期間をカバーしてくれます。(裏技あり)
ただ、通常の海外旅行保険とくらべるとクレジットカード付帯の海外旅行保険は保証がそこまで充実しているわけではありません。保証金額が足りない場合は高額な医療は受けることができません。

アメリカなど高額医療がある国に行く場合はクレジットカードの海外旅行保険では不足します。
一応クレジットカードの海外旅行保険は持っている枚数分上乗せできるのでそういう使い方も良いと思います。

私の場合は東南アジアによく行くのでクレジットカードの海外旅行保険で賄っています。

私の海外旅行保険を使った記事はこちら
海外旅行傷害保険を実際に使ってみた!

クレジットカードの海外旅行保険裏技

通常のクレジットカードの海外旅行保険は最大でも3か月です。
しかし、クレジットカードの中には海外で交通費を支払ったときから海外旅行保険を有効にできるものがあります。
私が持っているのはこの3つです。

ICBカードW

セディナカード

三井住友VISAクラシックカード

これで通常のクレジットカードの3か月分と合わせて海外旅行保険を1年間有効に出来るのです。

かなりお勧めなので補助として持っていくといざ海外旅行保険が切れそうになってもある程度の保険にはなると思います。
ただ一度に申し込むのは1、2枚程度にしないとブラック入りする可能性があるので期間を置いて申し込んだ方が良いでしょう。

ガジェット

ノマドにとってガジェットは命ともいえます。
パソコンなどで仕事をすることが多いですね。
人気なのはMacかSurface Proでしょう。

他にはスマホやタブレットが定番です。

ここはこだわりが強い人が多いので自分のお気に入りで揃えてしまうのが一番です。
ただ、軽量な物にしましょう。

ちなみに私が使用しているのはSurface Proです。
重量も770g程度で軽くデジタイザペンもあるので液晶ペンタブにもなります。

ぜひカメラを持っていこう

ノマド旅はばるべく荷物を減らすのが原則ですが、それでもカメラを持っていくことをおすすめします。
持っていくのは小型軽量が良いです。
画質が良いのは一眼レフでミラーレス一眼などはかなり軽いです。

さらにコンパクトで高画質なコンデジもあります。

代表的な高画質コンデジ



などがあります。
ぜひ検討してみてください。

予防接種はしておこう

予防接種はしておいた方が良いです。
狂犬病
A型肝炎
B型肝炎
日本脳炎
破傷風
ポリオ
黄熱病
などなどあります。

ただ、タイで受けたほうが安い場合もあります

私はタイのバンコクで予防接種を受けました。
タイのスネークファームは有名で多くの予防接種を受けることが出来ます。
料金も日本と比べると三分の一程度なので多くのバックパッカーがここで予防接種を受けることが多いです。

特に狂犬病の予防接種は一か月で完了できます。
日本だと開始から半年かかりますからね。

ちなみに狂犬病は日本では撲滅されましたが、いまだ海外では猛威を振るっている病気です。
しかも発症したら大変なことになってしまいます。
ここの対策はしっかりとしておいた方が良いでしょう。

現地では動物と直接触れ合うだけでも危険性があります。
なるべく動物は避けたほうが良いですし、近づかないほうが賢明です。

私が以前タイで予防接種を受けた記事はこちら
スネークファームの赤十字病院で予防接種を受ける

衣類について

衣類はかなり心配する人は多いかと思います。
私もわりと考えました。
しかし、現地でも購入できるものです。
しかも現地で購入したほうが旅気分を味わえます。
ですので最低限の服だけで行くほうが良いと思います。

ちなみに下着などはユニクロのすぐに乾くドライシリーズや温かいヒートテックなどは軽くて機能的なのでかなりお勧めです。

英語

海外でまっさきに心配になるのが英語だと思います。
海外で日本語が通じることはかなりのレアケースです。

しかし、海外旅行程度なら中学英語で十分です。
自分の伝えたいことを伝えられることが大事です。
後は身振り手振りを使うのも良いでしょう。

英語が苦手な場合や、英語が通じない国は指差し会話帳を持っていこう。

英語が苦手な人は指差し会話帳を持っていくと安心です。
スマホなどでも翻訳や指差し会話帳のアプリもありますが、治安を考えた時に盗まれる可能性があります。ですので本を持っていくのがおすすめです。

国内旅行ではキャンピングカーを借りるのも手

国内だと車で移動することも出来るため、車中泊をしながら旅をしている人もいます。
日本一周してみたり、海に行ったり、山に行ったりと色んなところに好きに行けるのがメリットです。

まとめ

ノマド旅は楽しいものですし、わくわくします。
また仕事先を色々と変えられるので仕事に対する気分も変えることが出来ます。

そのために出発前からいろいろと準備しておく必要があります。
特に海外旅行保険なんかはないとかなり不安になってしまいます。
最低でもクレジットカードの海外旅行保険を使うか、しっかりと海外旅行保険に入っておくべきでしょう。

私も何度も病院に行きましたから。

また海外には日本にはない病気もあります。
ここら辺は要注意ですね。

やはり海外に行くのであれば健康面や命にかかわることには徹底的に注意する必要があります。
事前に予防接種を受けるなど対策をしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする