描いた絵を人に見せないと損する8つの理由

みなさんは描いたイラストはどうしていますか?

ちゃんと人に見せているかな?
中にはせっかく描いたけど人には見せずにそのままっていう人もいるかもしれませんね。
自己満足の世界ならそれでも良いかもしれませんが、上手くなりたい場合はこれだとちょっと難しいでしょう。

イラストを上達させるためには人に見てもらうのが一番。
イラストも描いてもらった以上、やっぱりいろんな人に見てもらいたいと思うと思います。

人に見てもらうことによって自分の絵がどういう風に評価されるのか感想をもらうこともできると思います。
そうすると自分の課題が見えてきたり、より一層練習に励んだりするようにモチベーションを上げることもできます。

まあ、見てもらえれば仲間も増えていきますしね。

ということでどんどん、見てもらうと良いですよ。
近くに見てくれる人がいなくても、オンラインでも良いと思います。
今なら簡単にブログも作れるしPIXIVだってあるし、いくらでもやりようはあるでしょう。

でも、中には恥ずかしがって見せたくないという人もいるかもしれません。

でも、そこを勇気をもって踏み出すことで上達の道が見えてきますよ。

描いた絵は人に見せないと損する8つの理由

1.モチベーションが上がる

人に見せて上手って言ってもらえたら誰だってうれしいものです。そして次はもっといいものを作ろうって思えてくるはず。

仮に下手だねって言われたら落ち込むけど、次は見返してやるぞ!ってまたまたモチベーションが上がってくることでしょう。

下手と言われてそのまま投げ出してしまうという場合もあるでしょう。しかし、そういう場合であっても再び取り組んでいけば再びモチベーションも上がってきます。
どんどん見せてモチベーションを上げていきましょう。

2.自分の欠点に気づくことが出来る

人に自分の絵を見せると、ほんとにこれで見せていいのか考えるようになります。
そして修正できるところはなるべく修正するようになるでしょう。
これが客観的に絵を見ることが出来る目を持つことにつながっていく第一歩です。

見せない絵ならば手を抜いてもどうということはないですが、それだと上達にはつながりづらくなります。

また、見せてみて批判されることもあるでしょう。
それはそれで自分の欠点に気づくことが出来るのですからラッキーと言えます。

そこでまた修正して見せればいいだけなのです。

3.道が開ける可能性がグッと広がる。

人に絵を見せていけば、そこからほかの人たちとの交流が始まるでしょう。
最初は、仲の良い友人になったり、一緒に同人活動を行ったり。
そうすると自分の世界がグッと広がりますよ。

そうして人に自分の絵を見てもらえれば、仕事につながる可能性もグッと広がることでしょう。

上手くなれば上手くなっただけ業界に近い人と友人になる機会が多く生まれてきます。
当然ですよね、上手い人を放っておいたりはしませんからね。
それでどんどん、つながりを増やしていけばスカウトされる可能性だって上がるわけです。

4.プロの人に見せられるなら見せたほうがいいぞ!

プロの人たちはやはり一般の人たちと見ているものがちがいます。

一般の人たちがかわいい!とかかっこいい!とか感想を持ったりしますが。
プロの場合はそこからさらに踏み込んで考えます。

どうしてかっこいいのだろうか?
どうしてかわいいのだろうか?
どういう技法を使っているのか?
プロポーションはどうなのか?

一般の人たちとはちがいますよね。
こういう人たちからは貴重な意見がもらえるはずです。

一番多いのがデッサン狂いを指摘されることも多いし、イラストであれば色遣いや構図であったり、そして絵柄であったりとやはり一般の人とは違うことを指摘されることが多いと思います。
そうして自分の第三者の目を養ういい機会になるはずです。

なかなかプロの人に見せる機会はないと思います。
そういう方は僕のレッスンに参加して頂ければ僕が意見しますよ。

5.相手の絵と比べられる

絵をお互いに見せあいをすればお互いの絵を参考にすることが出来ます。
他人の絵を見てみることも一つの勉強になるのです。

普段は自分が好きな絵柄で描いたりすると思いますが、それだけだとどうしても世界が狭くなってしまいがちです。
それではそれ以上成長していくことも難しいかも知れません。
しかし、友人や他のプロの人の絵を見る機会があればさらにその世界は広がっていくと思います。

なるほど、こういう絵柄もいいな
なんと、この部分は俺が負けているな
背景上手いから自分も頑張ろう

そういう風になってくればしめたもの。
自分の成長に大きく貢献してくれます。
それに意見交換できる絵友達が出来ることはおおいに人生にプラスになることでしょう。
絵に関する情報を交換したり、仕事にしてしまえば業界についていろいろと知識が深まることでしょうし。

ぜひそういう絵友達を作ることをお勧めします。

6.目的になる

人に絵を見せていけば色々な反応がもらえることでしょう。
SNSなどのブログやpixivであればコメントなどももらえると思いますし、友人なども増えていくでしょう。
そうするうちにモチベーションも上がってきますが、それが実はけっこう重要なんですね。

絵を描いているとどうしても面倒に感じたりなかなか続けるのが大変になってくることがあります。
とくに学んでいて練習ばかりだとそうなってしまいますよね。

そこで、短期のゴールを設定していくことでモチベーションを保つのです。
短期のゴールは何でも良いのですが、一枚絵を仕上げて色々な人に見せて反応を受ける。
これも一つのゴールだと思います。

例えば1週間に1枚仕上げるという目的を作ってしまえば、モチベーションも保つことも出来るし絵も継続的に描けるので上達しやすい。
まさに一石二鳥な効果が期待できます。

7.周りから絵が描ける人だと認識される

普段から周りに絵を見せていけば自分の評価に繋がります。
学校に通っているなら文化祭などのイラスト担当になったり、社会人ならちょっとしたイベントで絵を頼まれたりなど
周りから絵が描ける人だと認識されます。

人から物を頼まれるって結構気持ちのいいものだし期待されるとまんざらでもなくなります。
それに周りとのコミュニケーションも取りやすくなるでしょうし、自分のポジションも作りやすくなりますよ。

8.ライバルを呼び寄せる

絵を人に見せていけばおのずとライバルを引き寄せることになります。
特に絵を描く環境が周りにあればなおさらでしょう。

このライバルはぜひとも作って頂きたい。
なぜならこのライバルがいるかいないかでその後の成長に大きく影響するからですね。

あいつが出来るなら自分にもできるはず
という風に切磋琢磨してして成長していくことが出来ます。

アニメや漫画でもよくありますよね。
ライバルと戦って成長していくストーリーが。
これは現実世界でもまったく一緒です。
ぜひライバルを作ることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
絵を人に見せる。

ただこれだけのことで実はいろんな効果が期待できるんですね。
今まで絵を見せてこなかった人は結構損しているんです。
ですので今後はなるべくなら人に見せていくことをお勧めします。
ぜい描いた絵を人に見せていきましょう。

そして出来ることならライバルを作ってください。
そしてお互いに絵を見せあいながら成長していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする