α6400発表になりましたね

α6400発表になりましたね。

αシリーズとは

αシリーズはソニーが提供しているミラーレス一眼のモデルです。
フルサイズなどが人気ですが、このα6400はAPS-Cフォーマットのデジタルカメラです。

スペック

画素数 2420万画素
常用感度 ISO100-32000
動画 4K/30P
ボディ内手振れ補正 なし
瞳AF あり
連写 秒間11コマ
大きさ 120×59.7×66.9mm
重さ 359g

今回のα6400の特徴としては秒間11コマの高速連射と高速AFで世界最速(0.02秒)だということです。
前作のα6500もかなりの高速でしたが、さらに早くなるようですね。
それとソニーお得意の瞳AFももちろん搭載されています。

画素数は変わらずの2420万画素のようです。
動画は4K/30Pを撮影でき、4K HDRにも対応しています。

そして背面にはバリアングル液晶が搭載されています。

欠点としては6500にあったボディ内5軸手振れ補正が無いということでしょう。

感想

絵描きとしての感想としては、やはり高速AFが使えるのでスポーツや野鳥、動物などの被写体を撮影するのが最大の強みです。
それと人物撮影においてもリアルタイム瞳AFが強力です。

そういったピンポイントの被写体の資料を集めるならかなり有効だと思います。
価格も手軽なので。
まさにオールマイティな製品に仕上がっています。
これがエントリー向けの立ち位置の製品としては驚くほどの性能ですね。

ただ、やはりAPS-Cフォーマットだと、レンズ少ないしで動き物を取らなければフルサイズフォーマットの方が個人的にはおすすめだと思います。

欠点はやはり5軸手振れ補正が無いのは最大の欠点なのとソニーがAPS-C専用のレンズにあまり力を入れていないというのが気になるところでしょう。
またホットシューのマイクを使用しているときはバリアングル液晶が干渉してしまうようですね。

ただ、シグマなどはそれを補うようにSonyのAPS-C専用の高スペックレンズを出してきているので。気に入ったレンズがあればこのα6400は買いだと思います。

高速AFが必要なければ旧モデルでも十分な性能だと思いますので、被写体次第だとは思います。

ソニーHP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする