ベトナムでのSIMカードの購入の仕方

ベトナムでスマホでインターネットを使おうとすると現地でSIMカードを購入して使用する必要があります。

そこで今回はベトナムでのSIMカードを購入する方法をお伝えします。

ベトナムで有名なSIMカードのメーカーはVinaphone(ビナフォン)とMobifone(モビフォン)があります。
この2つのうちどちらかを購入すればまず間違いないでしょう。

購入の際に注意したいのは日本のスマートフォンはそのまま使用することは出来ません。
日本のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)などのスマートフォンではSIMがロックされているので現地のSIMカードを使用することは出来ません。

これを使用するにはあらかじめ日本でショップに行きSIMロックを解除する必要があります。
そうすると国内での格安SIMや海外のSIMも使用できるようになります。

もし、SIMロックがかかっているスマートフォンならベトナムで解除できる場所もありますが
当然その場合お金がかかります。

おすすめは海外ように1台SIMフリーのスマートフォンを購入することをお勧めします。

SIMカードの購入

SIMカードは市内にあるこのお店で購入することが出来ます。

thegioididong

thegioididong

ホーチミンの町中どこにでもあるのですぐに見つけることが出来るでしょう。

SIMカードを入手するために持っていくもの

・パスポート
・お金
・SIMフリーのスマートフォン

購入の仕方

そしてこういったカウンターでSIMを購入します。


SIMカードは2種類あります。
データ通信だけのSIMカード
電話番号付きのSIMカード
の2つです。

短期旅行であればデータ通信だけでも良いでしょう。
しかし、長期滞在であったりgrabなどの配車サービスを利用するなら電話番号付きのSIMカードの方が良いです。

だいたいデータ容量を聞かれます
~GBという風にです。
これで値段が変わってきます。

電話番号付きでもSIMカード代は多少高くなる程度です。
電話番号付きSIMカードでもだいたい200,000ベトナムドン(1000円くらい)で足ります。

ギガを使い切ったらチャージ

SIMカードの容量を使いきったらチャージします。
店頭でチャージする旨を伝えると金額を聞かれます。
だいたい1か月くらいであれば100,000ベトナムドン(500円)程度で十分です。

こういう紙を渡されますのでこのパスワードを電話番号で入力します。

打ち込み方は電話をかけるところで
*100*パスワード番号#
で入力します。

こんな感じです。

最初に*100*を入力続けてパスワード番号を入力、最後に#を付けて発信するとチャージされます。
このパスワードは他の店頭でもスクラッチ式で購入することも出来ます。

SIMカードの設定は店員さんに任せよう

SIMカードの設定は店員さんにすべてお任せしておけばやってくれます。
日本のスマホだと少々ててこずることはありますが、今のところ大丈夫でした。

ちなみに店員さんが設定できるように英語表記にしておいた方が良いです。
もし店員さんがどうしても出来なければ購入しなければよいでしょう。

ちなみにこのお店ではスマートフォンも購入可能です。
私もこのお店で購入しましたよ。

ベトナムでは現在4Gが主流になっています。
おそらくもう少ししたら5Gも普及してくると思います。

ベトナム旅行を楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする