ベトナムの年収と月収

ベトナムの平均月収は果たしていくらくらいになるのでしょうか。
今回はそんなベトナムの月収と年収について書いてみます。

ベトナムは最近日本にも多くの留学生や労働力などを輩出する国として日本でも話題になっています。
日本に働きに来るということはそれだけやはり収入が安いのも確かです。

物価について

例えば物価に関して言えば1食150円くらいで食べることが出来ます。
だいたい30000ベトナムドン(約150円)〜600000ベトナムドン(約300円)くらいになります。

友人のベトナム人は50000ベトナムドンは高いと言っていました。30000ベトナムドンは適正価格らしいです。だいたい日本の約1/3ですね。

収入について

では収入はどの程度でしょうか。
これは都市部と田舎でかなり差があります。

都市部であればだいたい3から6万円くらいの収入のなります。
ドンで言えば6000,000ベトナムドン(約3万円)から12000,000ベトナムドン(約6万円)ですね。
これくらいの収入になります。

ですが、一部のエリートだと10万円以上いく人もいます。

まあだいたい都市部では5万円くらいが高収入といったところでしょう。
これは外国語、英語や日本語が話せたりするとより高収入な職に就くことが出来ます。

ちなみにテトと呼ばれる旧正月にはボーナスとして1か月分のボーナスが出ます。

ですので年収は13か月分ということになります。

ですので年収的に言えば78000,000ベトナムドン(約39万円)~156000,000ベトナムドン(約78万円)ということになります。

農村部だと農業などが盛んになります。
そうすると無収入から3万円くらいの収入になります。

ちなみに都市部の学生ですとアルバイトでだいたい時給20,000ベトナムドン(約100円)~ 30,000ベトナムドン(約150円)くらいになるようです。
1時間働いても1食も食べられない計算になるのでちょっと辛いかもと思います。

ちなみに日本だと男女で収入格差が生じていますが、ベトナムでは男女ともに収入格差はないようです。
ベトナムもやはり東南アジアらしく女性の方が働くようですね。

ただ東南アジアの人って貯金しないイメージがありますが、聞いてみると意外と貯金しているようです。

またかなり勤勉な人たちだと思います。
基本的に祝日は少なく週に6日働いている人も多いです。
日本人より休みが少ないのは驚きですね。

ですが、残業などは基本ないようで、定時にはみんな帰るみたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ベトナムの収入はだいたい日本の1/7くらいの収入ということになります。
ですが物価が1/3から1/4くらいなので日本よりお金は使えないような計算になってしまいます。

こうなってくると生活のために外国人を騙す人もいるので気をつけた方がいいですね。特に観光地ではひったくりやタクシーによるぼったくりが頻繁に発生していますので気をつけた方が良いでしょう。

とはいえ観光地以外はやさしい人が多いのも特徴です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする