Surfaceキラーか、VOYO VBook i7Plus

VOYO VBook i7Plus

私が愛用しているSurface Proに似たタブレットパソコン。
というか見た目Surfaceまんまですね。
中国製ですが、やはりそのコストパフォーマンスはすごいです。
発売元は中国のメーカーVOYO。


まずはスペックを見てみましょう。

CPU Intel 7th Core i7-7500U
2.7GHz,Turo(3.5GHz) TDP 15W
メモリ dual channnel 8GB DDR or 16GB DDR
記憶装置 256GB m.2 ssd or 512G m.2ssd
スタイラスペン Support 2048 pressure stylus pen (need extra payment)
キーボード (need extra payment)
グラフィックス card Intel HD Graphics 620
画面解像度 12.6inch,resolution 2880×1920,10points 3K OGS
カメラ F2.0/5.0M
Ports USB3.0×2, Type-C
Mini HDMI,Micro SD(TF)slot
3.5MM headset,DC in charger
バッテリー 10200mah 3.7V
通信 intel dual channnel 5G WIFI,bluetooth 4.0
OS Windows 10 license
サイズ about:305.7mm×217mm×9.7mm
重さ about:900g

という感じになっています。
そして気になるお値段ですが

現在一番安い構成でUSD 679.99となっております。

8G+256GB SSDタブレット+キーボード USD 679.99(約75684円)
8G+256GB SSDタブレット+キーボード+スタイラスペン USD 749.99(約83475円)
16G+512GB SSDタブレット+キーボード USD 835.99(約93047円)
16G+512GB SSDタブレット+キーボード+スタイラスペン USD 909.99(約101284円)

となっております。

スペックの比較

まずスペックですが画面解像度が12.6インチの2880×1920ですのでSurface Proの12.3インチ2736×1824の解像度を上回っています。
画面も若干大きいですね。

解像度比較

VOYO VBook i7Plus 2880×1920 12.6インチ
Surface Pro6 2736×1824 12.3インチ

記憶装置はSSDで、メモリは8GBと16GBがありこれはSurface proと変わりません。
重量は900gということもあり、Surface Pro6の782gと比べると若干重いです。

メモリ比較

VOYO VBook i7Plus 8GB 16GB
Surface Pro6 8GB 16GB

またUSB3.0だけではなく、Type-Cスロットもある点はSurfaceProを凌駕しているとも言えます。

そして絵描きで必要なスタイラスペンも筆圧感知が2048レベルとなっており最新のSurfaceペンの4096レベルよりは少ないです。

スタイラスペン筆圧感知比較

VOYO VBook i7Plus 2048レベル
Surface Pro6 4096レベル

価格の比較

VOYO VBook i7Plusは最高スペックでも10万円くらいでかなり安いです。

これがSurface Proと比較すると
VOYO VBook i7Plus 16G+512GB SSDタブレット+キーボード USD 835.99(約93047円)
Surface Pro FKH-00027で172722円
となっておりかなりコスパが良いのが分かります。

Surface Proがだいたい7万円高いです。

そしてVOYO VBook i7Plusはキーボード付きなのでさらに安く購入できることが分かるでしょう。
そして、Surfaceペンは別売りなのでスタイラスペン込みの価格だとさらに広がります。

お絵かきマシンとしてもなかなかの性能ではないでしょうか。
ひとつの選択肢として考えてみるのも良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする