ワコムの新作液タブCintiq16が発売

ワコムの新作液タブ Cintiq16が発売

ワコムから新たな液タブが今日発売になりましたね。
その名もCintiq 16。
ん?以前にもあったじゃん。
と思った人もいるかもしれませんが、前作のCintiq Pro 16とは性質が異なるのが今回の製品です。

その名の通りProでなくなっていますので、いわゆる初心者用という位置づけの製品のようですね。
そのため価格はかなり安く、発売日の現在で7万円前半という価格。

正直ワコムにしてはめっちゃ安いと思います。

ではその実力はと言うと

 Cintiq 16とCintiq Pro 16のスペック

 Cintiq 16  Cintiq Pro 16
液晶サイズ 15.6型 15.6型
表示解像度 1920×1080 4K表示可能(USB Type-C)
ディスプレイサイズ 422×285×24.5mm 410×265×17.5mm
質量 1.9Kg 1.5Kg
読み取り方式 Wacom Pro Pen 2 Wacom Pro Pen 2
筆圧レベル 8192 8192
傾き検出レベル 60° 60°
ダイレクトボンディング なし あり

となっています。

感想

前作が4Kなのに対しフルHDですので解像度を落としてきていますね。
またペン先の視差を少なくするダイレクトボンディングも非搭載。
入力はHDMIポート、USB-Aポートが利用可能です。

うーむ、かなりスペックを落としてきています。
4Kではないのでそこが気になる人は多いかも知れませんね。
今の時代フルHDは少し解像度が低いのは確かです。

しかし前作よりはスペックは落ちる部分はありますが、筆圧感知や傾き検出は遜色ない仕様です。しかも16インチなので室内で使うにはちょうど良い大きさになりますので人気は出そうですね。

価格を考えれば半額以下なので学生など懐が厳しい方や費用を抑えたい方は購入するメリットはあると思います。

やはり中華液タブがだいぶ安く手に入るのでこのくらいの価格帯を出してくれた方がユーザーも喜びますね。
安くてもワコムですのでね。

学生のうちから使って慣れていればプロになったらさらに上位機種に乗り換えることが出来るし、アリだとは思います。
これで液タブ沼にハマるかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする