PhotoshopとCLIP STUDIO PAINTどっちがおすすめ?

日本のイラスト界ではCLIP STUDIO PAINTの勢力がだいぶ’広がってきています。

現在パソコンでイラストを描くならPhotoshopとCLIP STUDIO PAINTが2大ソフトになってきていますね。

では、PhotoshopとCLIP STUDIOはどちらの方がおすすめなのでしょうか。

値段について

まず値段ですが、Photoshopはサブスクリプションで毎月費用が発生します。
フォトプランで月々980円で使用できるのです。

そしてCLIP STUDIOの場合だと月額もありますが、基本一回のみの買い切りです。
PROだと5000円でEXだと23800円になります。

費用に関しては圧倒的にCLIP STUDIO PAINTが有利ですね。
特にCLIP STUDIO PAINT PROで5000円はかなり安いと思います。

得意分野

Photoshopの得意分野は写真編集です。
もともと写真編集を目的に開発されましたので写真編集の分野はものすごく強いです。

逆にCLIP STUDIO PAINTはイラストや漫画制作を目的に作られていますので画像編集はそこまで得意とはしていません。

例えばイラストの背景や服装などの質感を表現するテクスチャの作成は画像編集にあたるのでCLIP STUDIO PAINTはかなり難しいです。

そういうテクスチャ系の作成は圧倒的にPhotoshopの方が有利でしょう。

また写真からイラストの素材を作成することもPhotoshopは得意です。そういう写真加工をイラスト制作に活かしたいというのであればPhotoshopは必須です。
また画像編集のプラグインもいろいろと出ています。

CLIP STUDIO PAINTの得意分野はイラストや漫画に特化している点です。

イラストでは水彩や油彩、鉛筆など初めからアナログ画材のブラシが豊富な点。そして3DCGを使って線画を起こしたり、漫画でいえば漫画のフラッシュなどの効果線が簡単に作成することが出来ますし。漫画用のトーンも入っています。

そういう素材系の使用はCLIP STUDIO PAINTですね。

また漫画ではページ単位で簡単に管理することが出来ます。

業界はどうなのか

ゲームやアニメ業界でもCLIP STUDIO PAINTは使われてきています。
しかし、そういう業界はやはり基本はPhotoshopです。ここは変わりがありません。

なぜなら今までの仕事のやり方がPhotoshopを基準に作られているからです。
特に個人だけで仕事が完了するならCLIP STUDIO PAINTでも良いかも知れません。

しかし、大人数になってくるとすでに実績のある安定のPhotoshopをベースにした方が良いわけです。

それに会社間でもPhotoshopによる製作の方が意思疎通がスムーズにいきますし、Photoshopがある前提で話も進んでいきます。
個人間、会社間のやり取りはやはり業界標準のphotoshopに軍配が上がるわけですね。
これはこれからも変わることは少ないと思います。

ですのでこういう業界へ行きたい場合はPhotoshopは必要最低限の知識として押さえておくべきでしょうし、扱えるように勉強が必須になります。

線の引きやすさはどうか

線の引きやすさは圧倒的にCLIP STUDIO PAINTです。
なぜならCLIP STUDIO PAINTは線の引きやすさは手振れ補正を細かく設定できるのでかなり綺麗に線を引くことが可能です。
またベクタレイヤーでは線自体を引いた後から編集することが出来ます。

塗りについて

塗りについてはこれはそれぞれ長所があります。

特にアニメ塗りやブラシ塗りに関してはどちらも大差はないです。
エアブラシなど若干の使用の違いはあるにせよ似た雰囲気にすることが出来ます。
しかし、厚塗りになってくるとここでかなり差がうまれます。
CLIP STUDIO PAINTだと下地の塗りが影響される塗り方に対してPhotoshopの場合は下地の色に影響されない塗り方になってきたりと
差があるわけですね。

ということでPhotoshopでしか塗れない塗り方もあります。
そういう場合はPhotoshopが必須になってきます。

もちろんCLIP STUDIO PAINTでしか塗れない着彩方法もあるわけでこれはそれぞれ長所があります。

目指している絵師さんがどんなソフトを使っているのかを確認したほうが良いでしょう。

CLIP STUDIO PAINTは素材が豊富にある

CLIP STUDIO PAINTは素材などをダウンロードして使用することが出来ます。

これはセルシスが用意した無料・有料の物からユーザーが作成したものまで幅広くあります。
自分が気に入った素材を安くすぐにダウンロードできるのはかなりの魅力だと思います。

素材は背景素材やブラシ素材、3DCG素材、テクスチャなどどれもイラスト制作で活かせる

CLIP STUDIO PAINTはiPadでの連携が可能

CLIP STUDIO PAINTはiPadで月額で使用が可能です。
パソコン版は買い切りが可能なのにアプリでサブスクリプションというのはちょっと微妙ですが
最近では年間払いをすると月に240円あたりから使えるので少しは良くなっています。
CLIP STUDIO PAINT PRO iOS版 年間2800円
CLIP STUDIO PAINT EX版 年間7800円
で使用できます。

iPadを持っている方はパソコンとiPadで作業環境が変わらないというメリットがあります。

ではどちらを買えば良いのか?

学生など資金が少ない場合はCLIP STUDIO PAINTがかなり有利ですので
CLIP STUDIO PAINTメインで問題ないでしょう。

しかし、業界で仕事をしたいとか目指している絵師さんがPhotoshopを使用しているPhotohopを買わざるをえません。
その場合はなるべく他を削ってでもPhotoshopを使用する価値は十分にあります。

特にプロを目指している人はPhotoshopの学習は必須ですので使えるようにしておく必要はあるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする