5年続ければ絵描きやデザイナーになれる?

絵を5年本気で描き続ければ絵描きになれるのでしょうか?
これから絵やデザイナーを目指す人たちのために書きたいと思います。

まず絵を仕事にしようと思う人はこれから絵を練習して果たして仕事として成立させられるか不安になると思います。
これから絵に時間を費やして良いものか、他の勉強をした方が良いのか迷ってしまうと思います。

かつての私

かつての私もそうで、19歳のころには本当にやっていけるのか不安になったことです。
そんな私ですが、しっかりと絵を学んでだいたい5年かかりましたが絵を仕事にすることが出来ました。
だいたいその時の月収が15万円でしたからなんとか一人でも生活できたのです。

まず、絵を描き続ければ絵描きになれるのかというと
そんなに簡単なことではありません。

時間を確保することは出来るか?

まず、問題の描き続けるというのは適当に数時間描いていれば良いというものではありません。
プロを目指すのであれば、学生さんであれば最低5時間は毎日描いていかなければなりません。

社会人ではフルタイムの仕事があるのでもっと少なくなりますが、3時間は欲しいですね。
これはそんなに生易しいものではないですよね。

ゲームをしたり友達と過ごす時間を削ってでもその時間を確保していかなければ追いつかない
計算になります。

まず、この時点でほとんどの人は脱落していくことになるでしょう。

模写や時代の流れについて

次にただ描いていれば良いというものではありません。
なんとなく描いていても上手くはなっていくでしょうが膨大な時間がかかってしまいます。
例えばただ模写をしているだけではあまり意味はないですね。

そこは時代の流れをつかみつつ模写をしていかなければならないでしょう。
例えば今からの時代はこれだ!
というのをしっかりと調べなくてはなりません。
でなければ効率が悪くなってしまいます。

特に仕事として成立するかはその時代の流れによって大きく変化していくからです。
例えば昔は写真が無かったので風景を描きとめる絵師が必要でした。
ですが、今は写真一つですべて解決しますね。
つまりそういう目的での絵師は今では不要ということになります。

また今ではデジタルの普及によって商業イラストならデジタルも大きく普及してきています。

それは絵柄でも同じことで古い絵柄は徐々に使われなくなっていくのです。
まあ飽きられてしまったり新しいものに需要が移っていくからですね。

ですので模写一つをとってもただ何となく模写をするのではなく
果たして今やっている模写がこれからの時代に役に立つのかをしっかりと考えて模写していく必要があるのです。

そこはしっかりと戦略を立てて行く必要があります。

専門的に学べるか

描き続けるだけではだめ
しっかりと勉強しよう。

独学だと迷う部分が多いのでやはりそれだけ時間がかかってしまいます。
学校や教室で学べば3、4年くらいでなれるところが8年とか
かかっていまうわけですね。

つまり20歳から志したとして24歳でなれるか28歳でなれるかという風に差が出来てきます。
それは当然ですよね。

それだけ最短でプロになれるカリキュラムがパッケージとしてあるわけですからね。

独学だと技法書を買ったりネットで調べたりと情報が玉石混合な状態です。
そんな状態だとやはり回り道してしまうことになっていきます。

ですので学びながら目指す方がおススメです。

独学なら下手したら10年を超えることも少なくありません。

早く仕事にしてしまおう

まずは仕事としてしまうほうが絵はより上手くなる。
まずは会社をえり好みせずにとにかく入ることです。

そうすれば仕事をしながら絵を上達させることが出来ます。
会社側からしたら絵を学ぶために入社したの?
ということになってしまいますが、それは内緒にしておけばよいことです。

そして十分に上達すれば転職も独立もすることが出来るようになります。

一番よくないのは会社をえり好みしてしまって結局就職出来ないという事態になることです。
そうなってしまっては結局学べたはずの時間を逃してしまいます。
いわゆる機会損失ですね。

会社を自分の目標を達成するための手段として利用してしまうほうが良いです。

2年がひとつの目安

まずは2年真剣にやってみて成果が出るのかを確かめるのも良い方法です。

たいてい2年一日5時間専門的に万で描けば覚醒します。

いわゆる絵に目覚めて一気に画力が伸びるのが2年という時期に起こりやすいです。

この覚醒が起こるかはやはり努力次第でもあります。
つまり2年続けてみて向いているかどうかが分かる目安となるのです。

ここでまったく上達していないのであれば向いていない可能性もあります。
しかし、ここでいう2年はしっかりと専門の教育を受けた場合に限ります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このように5年でなれるかどうかと言えば専門の教育を受ければなれることも十分可能です。

ですが、そのためには時間を絵のために使わなければならないので大きな犠牲は必要になります。
たいていの人がこのために諦めたり十分な練習が出来ないということで脱落していくのです。

つまりそう簡単ではないということは覚悟した方が良いでしょう。
もし絵描きを目指すのであればこれらのことに注意して勉強していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする