イラスト教室 STUDIO ザ・ハンド、少人数制による5つのつよみ

少人数制によう5つの強み

このブログを書いているSHIMAはイラスト家庭教師として活動しています。

そのオンラインイラスト教室 STUDIO ザ・ハンドの少人数制(1~2人)のつよみについてです。

STUDIO ザ・ハンドは1~2人の少人数制のため一人一人に合ったレッスン内容にカスタマイズが可能です。

STUDIO ザ・ハンドは就職だけが目的ではない

絵の教室、色々とありますし専門学校もありますね。
イラストの専門学校ではあらかじめカリキュラムが決まっており、それをもとに授業を進めていくことになります。
つまり「顔」の授業を受けたらそれ以降同じ授業を受けることはないし、目的が就職になりますのでどうしても就職を視野に入れた授業になってしまいます。

もちろんSTUDIO ザ・ハンドでも就職希望の場合は指導しますが、絵を学びたい人が全員が全員絵の就職をしたいわけではありません。
中には本業は別に持っていて趣味で同人などを楽しみたいという人も多いでしょう。
また、中学生の場合はまず就職が目的ではありませんし絵の基礎を丁寧に学ぶ必要も出てきます。

絵を教えてもらえる時間が圧倒的に長い

一般的な絵の教室と言う選択肢もありますが、やはり多人数であれば実際に講師から教えてもらえる時間が少なかったという場合も少なくありません。

なぜなら、絵の学校では講師自身も自分の作品を制作していたりする場合がけっこうな頻度でありその作品に集中しがちになります。
また、学生と性格的な相性が悪いと指導してもらえなかったという日もあったりするでしょう。

しかし、STUDIO ザ・ハンドでは少人数制であり、レッスン生としっかりと向き合う授業を行っているのでまず教えてもらえる時間が少ないということはまずありません。
安心してレッスンを受けることが出来るし、相談事があればすぐに対応できる環境があります。

レッスン内容を目的別に自由にカスタマイズ可能

レッスン内容はカリキュラムに沿って進むことも可能ですが、STUDIO ザ・ハンドではまず1人1人の希望を必ず聞きます。
そしてどういうレッスン内容にしていくのか、レッスン生と相談しながら決めていきます。

例えば
・同人活動をしてみたいけど、どうやって商品を作っていけば良いのか分からない。
・ゲーム制作をしているが、キャラクターなどをデザインしたり綺麗に着彩したい。
・副業として絵でお金を稼いでみたい。
など

自由自在に学べる内容を変更、カスタマイズできます。

個人個人のレベルに合わせたレッスンを受けることが出来る

多人数の学校では、どうしても集団の平均に合わせた授業のレベルになってしまいます。

なぜなら高いレベルの人に合わせてしまうと、なかなか全体的についてこれなくなり脱落する学生が多くなったり。
逆に低いレベルの学生に合わせてしまうと、全体の進行速度が遅くなり就職率に影響してしまうからです。
それが多くの専門学校で起こっていることになります。

しかし、STUDIO ザ・ハンドでは少人数制により個人個人のレベルを見極めて教える内容の進行スピードを変えることが可能です。
そのため、分からないところや強化したい部分のレッスンや指導を何度も受けることが可能で、確実に技術が向上していきます。

求めている成果物が確実に手に入る

一般的な絵の教室や、動画だけの授業ではどうしても直接指導を受ける頻度や密度が低くなってしまいがちです。
そのため、同人用の絵を描いていてもそれを成し遂げられるかは本人の実力に大きく左右されてしまいます。

つまり、同人で活動したいのに途中であきらめてしまうということもよくあるのです。

しかし、STUDIO ザ・ハンドでは講師が付き添って作品を制作していくため分からないところがあってもその場で解決します。
そのために前に進めないということが起こりません。

ですので、確実に出来上がることになり自分が求めていた商品を手に入れることが出来ます。

いかがでしたでしょうか。

イラスト家庭教師のSTUDIO ザ・ハンドは講師との少人数(1~2人)による授業のため、授業内容も濃く確実に講師の指導を受けることが出来る利点があります。
また、就職を前提としていないため趣味などで学ぶのに最適、絵を学ぶことだけに集中することが出来ます。

ぜひイラストや絵、ゲームグラフィック制作を学びたい方であればこのイラスト家庭教師STUDIO ザ・ハンドを検討してくださいね。

まずは、無料体験レッスンを受けてみてください。
個人個人のご希望に対してその人に合ったレッスンをお届けします。

下記をクリック!

まずは無料体験レッスンでお試しください。

下記サイトのお申込みフォームから気軽にお知らせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする