絵描きは孤独か?

孤独ってなんだか寂しくてつらい状況だと考えがちですよね。

一人になったらどうしようとか考える人も多いでしょう。

実際に私も務めている会社を退職するときに迷いました。

やはり多くの人と接している状態から変化していくというのは恐ろしいものです。

しかし、絵描きはやはり孤独なんですね。

絵描きは孤独

やはり絵を描くという作業は一人で行うことが多いのでやはり孤独な作業と言わざるおえません。
自宅、もしくはカフェなどで作業をするとよけいにそうなってしまいます。

絵を描くという作業はやはりこういう孤独という状況は避けられないでしょう。

孤独を受け入れられるか?

絵描きの中にはいつも友人と一緒にいないと気が済まないという人もいるでしょう。

本来絵描きは孤独ですが、多くの人と一緒に作業することは不可能ではありません。

例えば絵描き仲間を募ってコワーキングスペースや、図書館、ファミレスで作業することも可能です。

また会社の仕事であれば同僚と一緒に描くことになるでしょう。

最近ではインターネット上で絵描き仲間を募って描くことも出来ます。

例えばハングアウトやディスコードなどのチャットアプリではお互いの画面を共有しながら描くことも出来ます。

ですのでまったく孤独で作業しないといけないということはないです。

絵描きは孤独が好きな人も意外と多い

もちろん絵描きは孤独が好きという人も多いです。

自分一人の世界に集中することが出来ますし、好きな音楽を聴きながらの作業も出来ます。

また人に邪魔されたくないという人も多いでしょう。

例えば会社であれば同僚や上司から声をかけられて集中力がそこで切れるということもあるでしょう。

それに途中の絵を見られたくないとか、ツッコミを入れられるのが嫌であったりとかですね。

ですのであえて自分を孤独な環境に置くという人も多いのです。

例えばカフェなどで一人で作業をしたりなどですね。

フリーランスの絵描きであればやはり孤独

フリーランスであればすべて自分一人で行わなければなりません。

これからの絵柄や業界でのポジション決めなどは重要です。

友人に相談するということもあると思いますが、最終的にはあらゆる未来を自分で決めていかなければなりません。

なぜならすべて自分で責任を取らないといけないからです。

ここはやはり孤独になってしまいます。

ですが、フリーランス仲間などは気が合う人も多いのでそういう友人は多く出来ると思います。

孤独の利点

最初は寂しいという孤独ですが、慣れてしまえば案外快適な部分も多いです。

孤独の利点はかなり多いです。

他人に頼らない

なんでも自分で決めていくと自分が本当に何をしたいのかが良く分かります。
他人に合わせる必要はないので意外と自分の素が見えてくるんです。
意外とわがままな部分がより見えてくるんです。

行動に制約を受けない

他人に合わせるということが必要ないので自由に行動することが出来ます。
自分の好きな時間に仕事をすることも遊びに出かけることも出来ます。
これってかなり自由で快適なんです。

他人からの批判を受けないので精神的に揺れない

多くの人と絵を描いていると他人の意見というのが嫌でも意識してしまいます。
そしてその意見がすべてのように思ってしまうこともあるでしょう。
ですので、かなり自分の絵が他人の影響を受けますし、批判を受ければ精神的に揺れてしまいます。

孤独に慣れるには

孤独って最初は恐ろしいものです。

しかし、フリーランスの絵描きになると好むと好まざるに関係なく孤独を受け入れていく必要性が出てきます。

では、どうやって孤独に慣れれば良いのでしょうか。

これは実際にフリーランスの絵描きになれば勝手に孤独に慣れていきます。

ですので、実際にその時になれば問題なく適応されていくので過度な心配は必要ないでしょう。

孤独を回避する方法は

孤独をどうしても回避したい場合は積極的に出会いを求めて行動することが出来ます。

例えばコワーキングスペースなどで絵を描いている人もいます。

よくあるのが同人誌即売会などのイベントで知り合うケースもあるでしょう。

そうすることによって自分の友人の輪を広げていくことが出来るのです。

もし、出会いを求めているなら行動するのも手でしょう。

また、絵描き同士にこだわらないほうが良い場合も多いです。

絵描き同士だとマウントの取り合いになったりして消耗することもあります。
しかし、他業種の人とならお互いを認めやすいし、お互いの長所を活かして作品を制作することも出来ます。

私としてはこちらもかなりおすすめですね。

まとめ

孤独になるというのはやはり普段多くの友人や同僚と関わっていれば恐ろしいものです。

実際にフリーランスの絵描きになる場合などはそういう葛藤もあると思います。

しかし、やはりフリーランスの絵描きは孤独を受け入れなければならないという場面が多くなっていくものです。

それは受け入れなければならないでしょう。

しかし、孤独が必要な場面以外では友人と絵を描くことも出来ますし、なるべく孤独にならないように工夫することも出来ます。

孤独は怖いと思うものですが、絵描きであれば受け入れていかないとならない場面はやはり多いものです。

どれは仕方のないものだと割り切る必要があるでしょう。

どうしても孤独になりたくない場合は積極的にフリーランスの絵描き同士などの出会いを求めていくと良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする