イラストや漫画制作で使う画角の練習方法

カメラを購入したは良いけどどうやって絵の練習に活かせば良いのか
今回はそんなカメラの練習方法を書いていきたいと思います。

カメラはレンズを装着すると写せる範囲をいろいろと自由に選ぶことが出来ます。
それを焦点距離だったり画角で表すのです。
広い範囲や狭い範囲を映し出すことが出来るんですね。
それはイラスト制作にも直結する考え方です。

カメラはレンズによって焦点距離を変えることが出来るので、カメラで勉強する場合まずは画角を学ぶところから始めるのが良いでしょう。

焦点距離固定で写真を撮ってみる

単焦点ではズームがないので焦点距離を変えて撮ることはできません。

単焦点はこんなレンズです


Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

これは50mmF1.8と書かれていますよね。
これは焦点距離50mmの明るさがF1.8という意味です。

ただ単焦点レンズだとズーム等で画角を変えることが出来ないので、自分の足で映る範囲を変えたりとその画角を使いこなせるようになる強制力があります。
ですので一番良い方法は単焦点レンズで撮影していくことですが、画角ごとに一本一本買っていてはお金が厳しいのも事実。

ですのでズームレンズでも固定してしまえば問題ないでしょう。

カメラボディのセンサーサイズに注意しよう!

ただしレンズ交換式の一眼の場合、センサーサイズで同じレンズでも焦点距離が変わるので注意してください。

だいたいの倍率

35mmフルサイズ ×1倍
APS-Cサイズ ×1.5倍 CANNONの場合×1.6倍
マイクロフォーサーズ ×2倍
となります。

つまりさきほどの50mmのレンズを使用した場合
35mmフルサイズ 50mm
APS-Cサイズ 75mm CANNONの場合80mm
マイクロフォーサーズ 100mm
となります。

標準レンズの50mmのレンズですがマイクロフォーサーズにいたってはもう中望遠レンズですね。

この点は注意しておいてください。
自分のカメラを確認しておきましょう。

標準50mm

まずは標準の50mmを使いこなせるようになりましょう。

50mmの焦点距離で撮るのです。

50mmで色々な写真を撮ってみましょう。
50mmだとスマホのカメラに慣れた現代の人達には狭い画角になるかも知れません。
特に風景を撮ったりといったことは難しく感じると思います。

しかし、50mmは風景も人物でもある程度撮れてしまう画角です。
まずは50mmの標準レンズを使用してみましょう。

50㎜の作例

約50mm

約50mm

約50mm

約50mm

約50mm

約50mm

標準35mm

標準35㎜は50㎜より画角が若干広くなります。
そのため初心者にはかなり使い勝手の良い画角です。
背景はもちろん人物にも使用できます。

私が使用している35㎜のレンズ。

ただし、人物にはパースがかなりついてくる画角なのでレンズ独特のゆがみも出てきます。
普段使いに最適な画角なので一本持っておくとかなり便利です。

この焦点距離はあまり意識しなくても自然に撮影することが出来るでしょう。
ただし、主題を引き立たせるには少し画角が広いです。

35mm作例

35mm

35mm

35mm

35mm

中望遠85mm

人物の撮影には中望遠レンズを使用する。

人物撮影、ポートレートと言いますが
人物撮影には70mm〜の中望遠レンズを使用することが多いでしょう。
これらの焦点距離はポートレートレンズと呼ばれています。
そして明るいレンズであれば背景をボカして人物を浮き出させることが出来ます。

なぜ中望遠なのか

なぜ人物を撮影する場合、中望遠レンズを多用するのかと言うと、広角レンズだとパースがかかるため歪みが出てしまうからです。

そのために歪みが出にくい望遠側を使うんですね。

85㎜の作例

約85mm

約85mm

風景はどんな画角を使うのか?

風景では広角レンズでも望遠レンズでも対応することが出来ます。
主題がはっきりしているなら面積が大きくなる望遠レンズを使用すると良いでしょう。

広角レンズはより広い範囲を写すことができます。
一見色んなものが入るので画面の情報量が大きくなります。
それだけ見応えのある写真が撮れます。

しかし、主題がはっきりとしないことが多いので注意が必要です。
望遠の方が主題をはっきりとさせる事が出来るでしょう。

広角レンズで広い範囲を撮る

広角レンズで広い範囲を写すことが出来ます。

広角

広角

広い風景や大勢の人たちを写すことが出来るのでとても便利で簡単に迫力のある写真を撮ることが出来ます。

ただしこの画角は人間の目に写る範囲を超えているので多用すると違和感が多くなるので注意が必要です。


それに物が多く入ることになるので主題がはっきりしなくなることも多いので注意して使用しましょう。

望遠レンズで背景を撮影する

望遠で背景を撮影するには広角レンズを使うよりも難しいです。

しかし、アニメや映画で多用されるように決まればカッコイイ背景を描き出すことが出来るんです。
また望遠レンズを使うことによって主題をハッキリとさせることが出来るんですね。

そんな望遠を極めるにはやはり撮影していかなければその感覚は身に付かないでしょう。

私も望遠レンズを使う時は意識してカッコいい構図を模索するようにしています。

望遠レンズの作例

望遠

望遠

まとめ

このように画角を変えて練習してみるとイラストを描く際もレンズを意識して描くことが出来るようになります。

これは意識して撮影することによっておのずと身に付いてきます。
脳が記憶していくんですね。このくらいの画角はこんな感じなんだと。
それを何回も何回も撮影していくんです。
なるべく固定画角で撮影するのが良いです。

標準レンズだと50mmや35mmなどです。
広角レンズだと24mmや28mmなど良いと思います。

一眼レフやミラーレス一眼があればレンズを交換することができるので便利ですが、コンデジでもある程度は画角を変えられるので有効です。

こんなカメラが交換式です。
ただ少し値段が高めなのがネックなところ。

画質にこだわりが無ければ最初は初心者用の安いズームレンズなどで問題はないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする