手の描き方

手の描き方

手、人体の中でも特に難しいと言われている部分が手です。

中にはなんか苦手だな、とか

とっさに手を隠してしまう人もいるのではないでしょうか。

でもちゃんと描きかたを勉強して練習すれば大丈夫!

描きかたといっても手の描きかたというのは複数あります、それぞれ紹介していきます。

さあ、いっしょに描こう!

手の描き方その1

手を各パーツごとに分解してマッス描き(塊として描く)していきます。

手のマッス描き

この時に注意したいのが関節ごとにボール(丸)を入れていきます。

つまりそこでグリグリ動かせるわけですね。


そして各パーツをくっつけていきます。

うーん、なんかロボットみたいな感じ


最後に肉付けします

肉づけはなるべく自分の手を参考に肉づけをしてみてください。

肉の凹んでいる部分や出っ張っている部分などとても多くの表現があります。

例えば指であれば曲げると膨らんだり、伸びている部分もあったりしますよ。

よく観察してみましょう。

このように立体的に指を分解して考えると良いですよね。
次はそのマッス描きで描いた手の可動についてです。

手の可動について

日ごろイラストなど手を描いているとき指の関節は気にして描いていますけど、実はあまり気にしていない他の関節も動いているんです

特に指の付け根である
この関節の部分です↓


自分の手を動かしてみれば、ここも動くんだ分かると思います
例えば親指の付け根の部分、ここも動きます

親指の付け根が


こんな感じに
次は

先ほど上の画像で丸で囲った手のひらの上の部分の関節

ここも動きます。

このように普段ではあまり意識して描かない部分を意識して描くことによってより手を描けるようになります。

知識で描き方が変わることも多いので参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする